慰謝料?離婚?別れさせる?浮気調査後の目的を決めておきましょう!

離婚する目的で探偵に調査を依頼する。

離婚すると考えた場合大事なのは、今も大事ですが、未来を考えておくようにしましょう。

まず大きく生活に影響するのは、経済的な事を先に考えておきましょう。

お子さんが居るのであれば親権はどうするのか?

そして、あなたの収入は今いくらあるのか?、いくら慰謝料として請求すれば子供の成長も含めて、生活は成り立つのか?

という様に離婚を前提とする場合は、生活資金の事をしっかり考えておきましょう。

そしてきちんとその事も探偵事務所に伝えるようにしましょう。

そうすれば、探偵事務所から離婚訴訟に強い弁護士の紹介や、どういう調査結果を用意すれば離婚訴訟などで勝てるのか?または優位に立てるのか?

という所から、親身に相談に乗ってくれます。

離婚目的の場合であれば、引っ越しや、名義の変更、などいろいろ想定しておかなければならない事もおおく、それを単独で行うのはかなり労力と時間を要します。

その時に、お金があれば、専門家に依頼したり、業者に依頼するなどで時間と労力も簡単に済んでしまいます。

離婚を希望される方は、今よりも明るい未来を求めて離婚を考えてあるはずです。

そのために、しっかりとした目的をもって探偵事務所に依頼することがとても大事になります。

離婚の意思は今はないが、もし離婚するときに有利にするために情報を持っておく

ひとまず、浮気の情報は抑えているという事を伝えたうえで今回までは離婚はしない場合です。

今回までは大目に見てあげるという事にはなると思いますが、二度と浮気をしないと誓約書を書かせるというのも一つの方法としてよいと思います。

法的に効果を発生させるために公証役場において作成しておく事をお勧めいたします。

浮気をされた側に暴力や浮気を肯定せざるを得ないような事が起こったとき以外は、あなたをしっかり守ってくれます。

これも、探偵事務所に依頼するときに相談すれば、どういう証書が必要なのかどういう風に書けばよいのか?など相談に乗ってくれる弁護士を紹介してもらえたりします。

浮気相手を徹底的に制裁して慰謝料をもらう

これは、配偶者などには、誓約書などで今後浮気をしない事を約束させたうえで、浮気相手に徹底的に慰謝料を請求する事として調査をしてもらう場合です。

今でも配偶者を愛しているが、浮気相手にはしっかりその責任を果たしてもらうという為の調査を探偵に依頼するという事になります。

慰謝料を請求する場合に有効になる調査結果が必要になります。