浮気調査を探偵に依頼する上で料金を安く調査期間を短縮する方法!浮気調査に関する総合的な情報を紹介

浮気調査と言っても、目的によってやり方が変わります。

また、調査ターゲットがどういうライフスタイルを取っているかでも変わります。

このページでは、浮気調査を探偵に依頼する前に知っておいたり準備しておくことで様々なメリットがある事などを紹介しています。

 

ですが、もし浮気が確実で後は、法廷や弁護士に提出用の証拠を集めるだけというような方はオススメの探偵会社紹介ています。

証拠をしっかり調査してくれる探偵会社はコチラ

 

そうではなく、まだは浮気が疑惑の段階の方はこのまま下へスクロールして見てください。

 

今はまだ、浮気が疑惑の場合!

浮気かどうかはっきりしていない、でも浮気されてる気がする・・・

というあなたへ。

 

まずは、一息入れて深呼吸してください。

 

焦りからは何も生まれないし、焦っても何も良いことはありません。

数秒程、深呼吸して見てください。

 

大丈夫です。

 

それくらいの時間は取れるはずです。

 

 

では、落ち着いたのであれば続きをどうぞ。

 

 

今あなたが置かれている状況とは、下記の様な事が一部でも当てはまっていませんか?

 

  • あなたの配偶者や婚約者がもしかしたら、浮気しているのではないかと思っている。
  • すでにスマホのメールやラインなどSNSで、浮気してそうな素振りに違和感を感じている。
  • 知人からあなたの配偶者が車などで知らない人とホテルに入っていくというのを聞いた。
  • 同窓会をキッカケに何か余所余所しくなったり、急に優しくなったりして不安になった。
  • とにかく相手が浮気しているかどうかだけでも確認したい。
  • 急にスマホにロックを掛けていつもスマホを持ち歩くようになった。
  • スマホに電話がなったときに、今までなら普通にでていたのに、別の部屋ででるようになった。
  • 違う着信音の時だけ、出なかったり折り返して連絡しないようになった。
  • 仕事から返ってくるのが遅くなってその理由を誤魔化そうとしている。
  • 今まで出張というのがそこまでなかったのに、頻度が急に上がって来て内容をあやふやにしてごまかされてる気がする。
  • うっすらと香水の臭いがした事がある、またはいつもと違う香水だった。
  • 会社に出かけた時と、下着や靴下などのインナーが変わっていた。
  • ベタだけど、首筋にキスマークに見えるアザができていた。

 

というように、浮気かな?と思うキッカケはいろいろありますが、主に上記の様な事があったりしてるかと思います。

 

そういった状態で、本当に浮気かどうかを、いきなり探偵に連絡しなきゃ・・ではなく、まずは情報をまとめましょう。

 

探偵に浮気調査を依頼する前に自分で分かる範囲の物をまとめておきましょう。

今現在は、疑惑の段階なので、ひとまずは、浮気かも?と思った事からあなたが思った事や、下記の様な事を出来る限りまとめておきましょう。

これらの情報が多ければ多いほど、浮気かどうかまでが分かる期間が短くなりますし、かかる費用も少なくなります。

そう言った情報がない場合は200万以上かかったりする場合もあります。

複数の人間が対象者を距離を起きつつも囲むように尾行して調査していく事になります。

その人件費がかかるので、調査範囲や時間帯が広ければ広いほど当然金額は上がっていってしまいます。

 

なので不要な調査範囲や調べる項目を減らすことで、金額はガクンと下げる事ができます。

 

調査相手の情報が調査期間と調査費用を抑えてくれます。

 

  • 対象者の名前と顔がわかる写真
  • 職場の名前と住所、勤務地や部署
  • 対象者の車の車種と色と特徴、そしてナンバー
  • 通勤に利用する可能性の高い交通機関・対象者の携帯番号やSNSのアカウントページ
  • 対象者の立ち寄りそうな場所(居酒屋やコンビニ等)
  • 証拠になりそうなレシート等
  • 普段使用している服装
  • 出張の予定
  • 浮気相手と思われるSNSのページ(わかるのであれば)

 

など、対象者に関することは出来る限り箇条書きでもパソコンでプリントアウトしてもいいのでそれをまずは用意しておいてください。

念のためにお伝えしますが、対象者の行動を把握する為に普段よりも、優しく接したりとか、普段と違う対応や、いつもとは違う感じで根掘り葉掘り聞き出そうとしないようにしてください。
ただし、普段がいつも根掘り葉掘り聞くのであれば、いつもどおり聞いてみてください。

 

情報をまとめるのは、とても大事なんですが、それで、対象者に疑われては意味がありませんのでそこはご注意ください。

 

 

 

今回なぜ、上記のように情報を集めたほうが良いのか?というのを、イメージしやすいように、少し掘り下げてみます。

これらがわかると、探偵業務の浮気調査に手間と人手がかかりその結果費用がかかるというのが、具体的にわかります。

 

という事は、手間と人手を減らすために、今回あなたが調査してもらいたい、対象者の行動範囲などを絞る事に関する情報を細かく探偵に提供することが費用を下げることにつながります。

次では、その浮気調査に関する費用の事を書いていますので読まれておいて損はないとおもいますので御覧ください。

 

総額費用は10万~100万とあまり相場という言い方は当てはまらないくらい幅があります。

浮気調査を探偵に依頼する時も含めて探偵業の調査費用とは大まかに言うと下記の様感じになっています。

 

調査の費用 成功報酬金 簡単に言えば、調査の結果に対して発生する金額です。
調査料金 着手金
人件費(タイムチャージ・日当・出張手当)
深夜早朝割り増し
危険手当 等など
経費(実費) 交通費(車両費・燃料費・高速代)

宿泊費・通信費・器材費・印刷費・対象店出入り費用・フィルム費・その他情報入手にかかる費用など

調査対象者の行動店舗などによっては高額になる場合があります。

手数料 調査した内容を、まとめて、調査結果を報告する為の書類作成にかかる費用

 

その他の費用としては以下の項目があります。

家賃(駐車場)・人件費(給与)・光熱費・広告費・通信費・車輌維持費・保険料・税金

などです、いわゆる企業として常にかかり続けるものや、広告費など一定期間かかったりする費用などです。

※広告費などは、探偵事務所によってはあまり掛けていないところもあります。

 

1時間あたりに2名の調査員が行動する時の時間単価としてのよくある割合
  • 2万円~2.5万円未満は、36%
  • 1.5万円~2万円未満は、28%
  • 1万円~1.5万円未満が、24%(諸経費別)

 

上記の表や、1時間で2名の調査員が調査を行うのにかかる費用の割合を見てみると、浮気調査にかかる費用は、人件費が多いことが分かります。

また対象者がタクシーや車などで移動する場合に追跡する場合に、調査員も同じようにバイクや車で追跡せざるを得ません。

その場合は、探偵会社の費用設定は以下のようになっている事が多いようです。

 

探偵事務所がよく設定している1日あたりの車両費(調査用車両・バイク等)
  • 無料が、36%
  • 1万円以上~1.5万円未満が、24%
  • 1.5万円以上~2万円未満で、16%

 

という様になっています。

さて、ここで、これらの費用の事を簡単にではありますが、紹介した金額をベースに調査を依頼した時に、もし探偵会社に伝えた情報があいまいな場合だとこういう事も考えられます。

 

浮気調査の対象者の情報が曖昧だったために、余計な費用が発生する例の紹介

 

旦那の普段での移動手段は電車
旦那の浮気相手と見られる人と、前回食事に行った可能性があるお店は、駅から歩いて行ける範囲だった。

※)この例は細かいところは省いて、情報不足だと費用が高くなることをわかりやすくするための例です、実際は可能性も考慮して探偵会社が考えてくれたりしますが、費用を抑えるということであえて行動を制限する事としてしています。

 

という事を探偵事務所に伝えて、出来るかぎり費用を少なくと依頼をしたとします。

状況証拠を写真などに収めるために調査員が2人で対応していたときに、対象者がレンタカーでの移動を開始しはじめた。

3時間掛けて尾行していたが、レンタカーでの移動は考慮していなかったため、費用制限の為に追跡がどうしても困難としてその日1日の調査を終了したとします。

 

人件費を、2人セット1時間で2万円という事だとした場合、3時間で 2万円×3=6万円の費用が掛かってしまった事になります。

 

あっという間の6万円です。

 

そして、同じような感じの事が例えば3日かかったとします。

 

6万円×3日=18万円という金額になってしまいます。

あっという間の18万円です。

※極端な例です。本来こうならないために、綿密な打ち合わせや、イレギュラーな時の対応なども細かく決めて対応します。逆にこのような事なども打ち合わせ出来ない場合でなんとなく依頼をうける様な探偵事務所は避けたほうがいいとも言えます。

 

 

どうでしょうか?浮気調査の対象者の行動のクセ、趣味、趣向、よく移動時に使う手段、車であれば高速はよく使っているか使っていないか?

こういう可能性などを考慮して、調査対象者の情報を探偵事務所に伝えておかないと、金額が変わってくる可能性があるというのがお分かりいただけたと思います。

 

 

ただし、前にも申し上げましたが、根掘り葉掘り聞くのは、返って浮気調査対象者が警戒して普段とは全然違う行動にでる場合もあるので、ご注意ください。

なので、出来る限りでかまわないので、探偵会社に伝えておくことで、ある程度幅や臨機応変に対応出来るようにしつつ、出来る限り費用を抑えようとして考えてくれる探偵会社を選ぶ事が大事です。

ぱっと見の金額が安くてもトータルで割高になっては意味がありません。

 

 

調査結果もあいまい。

思ってた期間よりも大幅に長くなってしまった・・・

そして高い金額を請求されてしまった。

こんなはずじゃなかったのに・・・とならないためにも、

 

調査能力がある事は当然ながら、依頼者に対しての配慮や親切な対応、そして費用もわかりやすく適切な金額で調査を行ってくれる探偵会社を紹介します。

 

浮気調査力に定評があり、信頼性、費用、親切対応と評価の高い探偵会社がこちら

 

夫の浮気で悩む女性なら総合探偵社TSがオススメ
見積もり以上の金額にはならない!原一探偵事務所もオススメ
弁護士運営探偵社!響コンサルティング離婚や慰謝料にオススメ